車査定には走行距離が大きく関わってきます。

中古車は走行距離によって査定の金額が大きく変わってきます。当然、走行距離が少ないほうが金額が高くなります。逆に多くなってくるとその分、査定額は下がってきます。しかし、実際にはそれに年数も関わってきます。基本的には1年に1万キロくらいが目安となっています。しかし走行距離は多すぎるのも良くないですが、少なすぎるのも良くないといいわれています。年式が古いのに走っている距離が少なすぎるのも動かしていないということで、逆に故障しやすいとみなされてしまいます。

高額査定が期待できる目安としては5万キロというのが一般的です。1年に1万キロと判断すると5年程度乗って査定に出すのが一番高額で買い取ってもらえる可能性が高いということです。もちろん他の要素もありますが、走行距離に限定するとそういうことになります。最近の車は非常に寿命が長くなっている傾向にあります。

そのため5年程度の使用では、まだまだ乗れる車がほとんどです。そういう理由もあって積極的に買い取る業者が増えています。では、走行距離の多い車は車査定できないのかというと方法がいくつかあります。国内では値がつかないような10万キロ以上走っている車でも海外に販路を持つ業者であれば、買い取ってもらえる可能性があります。

走行距離が多いからと諦めるのではなく、車の程度が悪くないのであれば、通常の販路ではなく、別の方法を考えることが大切です。走行距離は多すぎても少なすぎても査定にはマイナスになります。実際に適切な買い換えのタイミングを知っておくと新車の購入費用に多くを当てることも可能になるのでお得です。

金額に納得がいかない場合には複数の業者に査定を依頼することも大切です。自分の思っている金額に近い業者で査定を受けることが一番重要なことです。年式が古くなればその分査定の金額に影響が出てきます。年式と走行距離の関係もしっかりと把握して適切な業者を選ぶことが大切です。

水戸市車買取.com